「ゆずいっぱいの1日」でゆず三昧♪


11月23日、天気予報は昼過ぎまで小雨。予報通りの空模様の中、それでも7名のご参加者のみなさまが元気に集合されました!

まずは、ゆずの収穫をする古民家へ。

古民家ではご主人がお出迎え。ゆずや古民家について説明してくれました。

ご主人自らの剪定のおかげで今年のゆずは上出来!

ゆずの枝は鋭いトゲが多いので、注意をしながら早速収穫作業開始〜。

みなさま、始めはやや遠慮がちにハサミを入れていましたが・・・

採れたー!

徐々にゆず収穫ワールドへ!もう、目の前のゆずを収穫するのみ!

いつの間にか小雨も止んでおりました。

終わりにはみなさま1つずつ、お気に入りの葉付きゆずをキープしていただきました。

これは加工用にはせず、大事にお持ち帰りなのです♪

収穫のあとは、ゆずを料理する名栗地区行政センターまでプチハイキング。

雨上がりの名栗の景色をガイドの解説とともにお楽しみいただきながら歩くこと約40分、行政センター調理室に到着!

到着後は、まずはゆずジンジャー紅茶と焼き芋でほっこり❤︎

お休みいただきながら、ランチ食材とゆず調理についてご説明。

ランチに作る汁物も、名栗産・飯能産の野菜たちが主役です。

ゆずジャムの調理手順を確認したら・・・

いよいよ調理開始!

さっきまで木になっていたゆず。フレッシュな香りが部屋じゅうに広がります。

次々と皮・種・果汁に分けられていくのでありました。

美味しいゆずジャムのため、できるだけ細く細くきざみます!

お父さんも包丁の腕が光ります。

笑いに包まれつつ、チームワークで作業がはかどります。

コトコト煮込んで、美味しいジャムに・・

一方こちらではゆずの皮を使ってのアロマウォーターづくりを開始!

蒸溜装置は見つめているだけでなんだかワクワクしてきますね。

続いて「ゆずいっぱい」の3品目、種から作るジェルづくり。

えっ!ジェルがこんな風に作れるなんて。あっという間に完成です。

そしてお楽しみのランチタイム♪

ゆずジャムも完成!ゆずの色が美しく仕上がりました。お見事!

ゆずジャム試食会も同時開催です。

おとなりのテーブル作のゆずジャムもお互いに試食。味に違いがあるのが面白い。

作ったジャムはお持ち帰り用に瓶詰め。

自分で収穫して作ったジャムとパチリ。おうちでもぜひ今日の思い出とともにご賞味ください。

今回使用しなかった分のゆずはお土産に❤︎

いつの間にか、外は晴天になっていました!

帰りのバス停へ。雨上がりの空は澄み渡っています。

ところどころ紅葉も。

バス停にてお見送り。ご参加ありがとうございました!

また名栗にてお待ちしております!

#ゆず名栗料理収穫体験

235回の閲覧

​一般社団法人 里山こらぼ

埼玉県飯能市上名栗412番地1

eco@satoyama-co-lab.com

© 2017-2020 SATOYAMA CO-LAB

    • Instagramの社会のアイコン
    • Facebook Social Icon