桜の名残り、春らんまんハイク


4月7日・8日に実施しました「桜いっぱい春らんまんハイク」レポートをお送りします。

例年よりも早くやってきた桜前線のため、ソメイヨシノはほぼ終了…

そこで今回のツアーでは「春」を感じていただくことをメインに実施しました!

さわらびの湯に集合したのち、春の野草を探しながら、お散歩ハイク。

道中は野草だけでなく、さまざまな動物たちの痕跡も発見!「おお、けもの道が!」

食べられる野草はもちろん、食べられないものについても話題に。

ガイドの解説を聞き、「これがヨモギですか?」「そうです!」「これは大丈夫ですか?」「いえ、それは毒です…」など会話のキャッチボールをしながら、桜吹雪舞う“コア山”まで歩きました。

到着後は皆さんで収穫した野草を確認。なんと全部で20種類!すごい!

普段雑草と片付けていた草花が実は食べられると知り、皆さんビックリマークの連発でした。

その後、それらの野草をその場で種類ごとに天ぷらに。

そして、花見と言えば・・・”花より団子”もはずせませんよね!

その場でバーナーで炙って、表面が香ばしくなったところをいただきます♪

この時期だけの香りと苦みをかみしめながら、桜色をメインにしたカラフルランチをいただき、早めに到着した春を楽しみました。

食後はコア山から春の山々を眺めながら、ハイク(=俳句)づくり。

突然手渡された短冊と筆ペンに動揺を隠せぬ皆さま。でも大丈夫!みんな俳句素人です!ということで自由に楽しく創作開始〜。

各々、短冊を手に名栗の春をじんわりと詠みました。隠れた才能が明らかになった方も??

笑いあり、感動ありの俳句作りタイムでした。

俳句とともに、名栗の春の1日を思い出していただけたらうれしいです。

ご参加の皆様、ありがとうございました!

*ご感想より*

・他にはないユニークさ(野草とりと調理)があり、またスタッフとのキョリ感の近さやアットホーム感が素晴らしく、また参加したいと思います。(台東区 30代男性)

・春を満喫できました。ありがとうございます。(杉戸町 40代女性)

・桜が葉桜だったのがちょっと残念。でも桜吹雪は見れたからよかったかな。料理はおいしかったです。(川崎市 50代男性)


121回の閲覧

​一般社団法人 里山こらぼ

埼玉県飯能市上名栗412番地1

eco@satoyama-co-lab.com

© 2017-2020 SATOYAMA CO-LAB

    • Instagramの社会のアイコン
    • Facebook Social Icon